© 2019

第26回日本行動医学会学術集会

​プログラム

全日程

1日目のみ

2日目のみ

​大会長講演

12月6日(金)14:30~15:20

身体活動の推進における領域間の連携

演者:井上 茂(東京医科大学)
座長:中田 光紀(国際医療福祉大学)

教育講演1

12月6日(金)17:00~18:00

人はなぜ薬物依存症になるのか?

演者:松本 俊彦(国立精神・神経医療研究センター)
座長:吉内 一浩(東京大学)

教育講演2

12月7日(土) 9:00~10:00

マインドフルネスが生活に必要な理由

演者:佐渡 充洋 (慶應義塾大学)
座長:小田切 優子(東京医科大学)

教育講演3

12月7日(土) 13:30~14:30

簡易型認知行動療法の活用に向けて 産業現場や日常生活における実践のヒント(※)

演者:大野 裕(認知行動療法研修開発センター)
座長:下光 輝一(公益財団法人 健康・体力づくり事業財団・東京医科大学)

シンポジウム1 食・栄養から考えるメンタルヘルス

12月6日(金)10:30~12:00

座長:西 大輔(東京大学)、田山 淳(早稲田大学)

 

科学的根拠に基づく食によるメンタルヘルスへのアプローチ

​演者:松岡 豊(国立がん研究センター)

妊婦のうつ症状に対するオメガ3系脂肪酸の有効性:国際共同ランダム化比較試験

演者:西 大輔(東京大学)

食認知・食行動に着目したセルフケア

演者:田山 淳(早稲田大学)

 

がんサバイバーのメンタルヘルスと食・栄養

演者:大久保 亮(国立精神・神経医療研究センター)

シンポジウム2 医学教育における行動科学・行動医学教育の実践

12月6日(金) 15:30~17:00

座長:堤 明純(北里大学)、網谷 真理恵(鹿児島大学)

医学教育における行動科学・社会科学の教育 ~教養教育から傍臨床教育へ~

​演者:錦織 宏(名古屋大学)

フィールドワークやロールプレイを用いた体験型行動科学・行動医学教育カリキュラムの実践 ~理論から実践への応用~
演者:網谷 真理恵(鹿児島大学)

医学部における行動科学のカリキュラムの現状と課題

演者:端詰 勝敬(東邦大学)
 

北里大学医学部における行動科学・行動医学教育の実践

演者:井上 彰臣(北里大学)

シンポジウム3 医療コミュニケーションと行動医学

12月7日(土) 10:00~11:30

座長:鈴木 伸一(早稲田大学)

 

演者:吉田 沙蘭(東北大学大学院教育学研究科)

演者:巣黒 慎太郎(住友病院臨床心理科)

演者:小川 祐子(国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科)

生活習慣病患者の動機づけ支援とコミュニケーション

母親がん患者の親子コミュニケーション支援

12月7日(土) 10:00~11:30

患者の意志決定支援とコミュニケーション

シンポジウム4  新型タバコ時代のタバコ対策の進め方(※)

12月7日(土) 14:30~16:00

座長:田淵 貴大(大阪国際がんセンター)

 

演者:稲葉 洋平(国立保健医療科学院)

演者:堀 愛(筑波大学)

演者:田淵 貴大(大阪国際がんセンター)
 

新型タバコの成分分析

産業医目線での新型タバコ時代のタバコ対策

新型タバコ時代のタバコ対策 論点の確認

パネルディスカッション

若手の会の企画 

12月6日(金) 10:00~12:00

若手よろず相談会 ~ 困っていることを共有し、解決方法を考えよう! ~

座長:小田原 幸(国立がん研究センター)、本谷 亮(北海道医療大学)

若手の困りごと、悩み

演者:滝澤 宏和(新座病院/埼玉県立大学) 

   渡辺 和広(東京大学)

中堅・ベテランからのコメント

演者:佐藤 康弘(東北大学病院心療内科)

   岡村 尚昌(久留米大学高次脳疾患研究所)

※  演者の発表後、ラウンドテーブル・ディスカッション

日本行動医学会教育研修委員会企画

12月6日(金) 15:30~17:00

行動科学の研究手法と統計手法について 

座長:中尾 睦宏(国際医療福祉大学)、古川 洋和(鳴門教育大学)

本企画の狙い ~行動医学を推進するための研究デザインと統計学的手法~

演者:中尾 睦宏(国際医療福祉大学)

 

実践:統計解析超入門 ~無料で誰でも簡単に~

演者:高橋 則晃(国際医療福祉大学)

 

少数事例研究デザインのデータ解析

演者:古川 洋和(鳴門教育大学)

 

集団のデータ解析

演者:桑原 恵介(帝京大学)

(※)日本医師会認定産業医制度による認定単位申請予定